黒沢かずこ 食べ合わせ ダイエット

スポンサーリンク


黒沢かずこさんは、1978年生まれで茨城県出身のお笑いタレントさんです。水戸短期大学附属高等学校卒業後、吉本総合芸能学院東京校4期生に。森三中のリーダーでボケ担当。

森三中の中で唯一の独身。典型的に片づけられない女で、部屋の中はゴミ屋敷だとか。ホコリが原因で肺炎にかかったこともある。

そんなズボラな彼女が挑戦したのが食べ合わせダイエット

このダイエット方法は、栄養士の伊達友美さんが考案したもの。
食べる量は減らさない、運動もしない。

食事のメニューにちょっと気をつけて痩せるダイエット法です。

ここで注目なのは、生活の中で一番カロリーを消費するのが、
食べることそのものの行為だということです。

食事をして消化、吸収、代謝という一連の働きに、
食べ物から得た熱量(カロリー)を必要とします。

この事実は、意外と見落としてしまいますね。

ダイエット=低カロリーというのが定番ですが、急に食事の量を減らしてしまうと、
代謝が上手くいかなくて逆に太ってしまうんですね。

黒沢さんが実施した「食べ合わせダイエット」のテーマは、
「痩せるためにしっかり食べる」ということだそうです。

ダイエットで敬遠されがちな焼き肉やステーキもしっかり食べて大丈夫。
但し、キムチや生姜、ねぎなどの薬味を一緒に食べ合わせることが基本だそうです。

夜中にラーメンが食べたくなったら、食べる前に野菜ジュースを飲む。
これが、食べ合わせダイエット法の極意。

野菜ジュースが血糖値の上昇を抑えてくれるので、
余った糖が脂肪になりにくいという理論だそうです。

黒沢さんは、この食べ合わせダイエットを4ヶ月おこなって、
約2.5キロのダイエットに成功したそうです。

好きなものを食べながら4ヶ月で2.5キロの減量、
何とコメントをしたらいいのでしょう。

ダイエットの基本は、「たくさん食べたら、たくさん動く」です。
食べることを制限するとストレスが溜まります。

食べたいものは、しっかり食べて満足しましょう。
満足したら、しっかり運動しましょう。

食べるだけで終わってしまうから、太ってしまうんですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

芸能人 ダイエット わ行

このページの先頭へ