秋野暢子 ローカロレシピ ダイエット

スポンサーリンク


秋野暢子さんは、1957年生まれで大阪市出身の女優&タレントさんです。1974年に放送されたテレビドラマ「おおさか三月・三年」で本格的に女優デビュー。

1976年「赤い運命」ではヒロイン役の山口百恵をイジメ抜く役を演じ、誹謗中傷も多数あったそうです。1980年代には歌手活動を開始。その後は、演技派女優、及びタレントとして多くのテレビ番組などに出演しています。

秋野暢子さんは、身長170㎝、体脂肪率11%のプロポーションを
維持しているそうです。

ちょっとすごいですね。

彼女も以前無理なダイエットをして入院した経験があるとか。
そんな経験からたどり着いたダイエットが、「ローカルレシピ」

こんにゃくや海藻などのローカロリーな食材で
美味しいのに低カロリーを実現したレシピなのです。

炭水化物である白米を雑炊にすることで、
野菜やタンパク質を同時に取り入れることが可能だといいます。

実際に、メカブ、ふのり、昆布などの海藻がたっぷりの
海藻七草雑炊、緑黄色野菜と玉子の雑炊、エビのコンソメ風リゾットなどの
あっさり味のヘルシーな料理が中心だとか。

秋野さんのダイエットにおける信条が、
「我慢せずに食べる、運動しない、笑う」だそうです。

食べる、運動しないはともかく、笑うのはできそうです。
笑うことは、代謝を良くして、ホルモンを活性化させます。

常に笑顔を心がけていれば、ストレスも少なくなるそうです。
ヘルシーな雑炊を食べて、笑うことを忘れない。

これだけの秋野風ダイエットを実行していると、
彼女のようなスタイルが手に入るかも。

ダイエットは、ちょっとした工夫で
簡単に実現できるのではないでしょうか?

なぜ実現しないかというと、
途中であきらめたり、やめてしまうからですね。

元気で動ける体型を作ることがダイエットではベストな状態です。
秋野さんのように何十年と続けていける方法が一番ですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

芸能人 ダイエット わ行

このページの先頭へ